7つ葉のクローバー

毎日をのほほんと楽しく過ごすblog > > 7つ葉のクローバー

7つ葉のクローバー

2014年7月 4日(金曜日) テーマ:

長い冬が終わって春になると、シロツメクサがたくさん生えてきれいですよね。よく子供のころに王冠を作ったりしていましたが、この白い花をシロツメクサでクローバーとは別物と思っていたのですが、一くくりでシロツメクサを別名でクローバーというのでした。そういえば、確かにシロツメクサが生えているところにクローバーがありました!
シロツメクサはマメ科の多年草で、原産地はヨーロッパで日本へ明治以降に渡来して、牧草として育てられたものが今では野生化していて道端にたくさん生えています。アイルランドでは国花とされているのに日本では雑な扱いですね。
シロツメクサ(クローバー)の花言葉は、「幸福」「幸運」「私を思って」「復讐」だそうです。
なんとも「復讐」とは意外でもあり、怖い感じがしますが・・・。
幸せを運ぶ四葉のクローバーはきっと誰でも知っている話なので、「幸福」や「幸運」といった花言葉は納得ですね。小さいころはクローバーを見つけると、必死になって四つ葉のクローバーを探したものです。そんな四つ葉のクローバーが自然に生える確率は10分の1らしいです。そんなところから幸せ伝説ができたのでしょうか。日本では、クローバーの3つの葉を希望・信仰・愛情の印、4つ目の葉を幸福のシンボルと言い伝えられているそうです。4つの葉にはそれぞれ意味がこめられているんですね。
以前は4つ葉だけでなく5つ葉のクローバーや6つ葉のクローバーなんても見つけたことがあり、5つより多い葉はより多くの幸せを運ぶのかも!?と思いきや、5つ葉クローバーには「経済的繁栄」6つ葉クローバーには「地位と名声」、7つ葉クローバーには「無限の幸福」といった花言葉が存在するようです。
こうなったらたくさんの葉のクローバーを見つけたい!
道端にたくましく毎年咲くくらいだから育てるのも楽かもしれない。春に種を撒いて秋まで楽しめるでしょう。冬はさすがに枯れてしまいますが、根が死んでいなければ、翌年の春には芽が出るので、毎年クローバー探しを楽しめます。

mods hair上尾店



関連記事

スーパーのカゴから予想するクリスマスから年末のごちそう

スーパーのカゴから予想するクリスマスから年末のごちそう

2015年1月28日(水曜日)

断乳前にして乳腺炎に。。。

断乳前にして乳腺炎に。。。

2014年11月29日(土曜日)

隣町の青年会との交流

隣町の青年会との交流

2014年11月24日(月曜日)

夢が今頃かなうなんて

夢が今頃かなうなんて

2014年11月 7日(金曜日)

身体がギシギシです

身体がギシギシです

2014年10月 8日(水曜日)